現在の危機的状況は、私たちの健康、身体や美との関わり方に影響を与えています。本質的なものに集中するミニマルな考え方がますます注目され、美容のルーティンもよりシンプルに変わり始めています。

フランスの化粧品ブランド「On The Wild Side(オン・ザ・ワイルド・サイド)」の創業者であるアンヌ=ソフィー・ナルディは、環境に配慮した新しい時代の到来に向けて、必要不可欠なものを見直し、自然に回帰することをミッションに掲げています。

オン・ザ・ワイルド・サイドの基本的価値とは:

  • 信念
  • 100%ナチュラル
  • 博愛
  • 透明性

オン・ザ・ワイルド・サイドの目標とは:本質主義のブランドであること

ブランドの強み:石油由来成分を一切使用しない、野生植物の有効成分を配合した100%ナチュラルな製品。女性たちが人工的なものを使わずに、自信を持って自分の美しさやフェミニニティを誇るために。

ブランドのコミュニティに奉仕するため、一人一人について考える

大手化粧品グループに10年以上勤めていたアン=ソフィー・ナルディは、その信念と専門知識によって、エシカルでクリーンな化粧品を生み出しました。あらゆる年齢層の女性たちが、世の中に溢れかえる製品の中で迷いながらも、信頼性や透明性、安心感、シンプルさ、そして何よりも環境への配慮を求めていたからです。

循環・地域・協調型エコシステム(生態系)としてのビジネスモデル

自分自身を大切にし、人と地球を尊重するシンプルで純粋な方法に賛同する人々のコミュニティづくり。

天然成分と安心感、シンプルさと機能、透明性と公正な価格を兼ね備えた、短い生産流通プロセスを開発すること。生態系を尊重する調達・生産・流通の方法とパートナーを選ぶ。

処方に含まれるすべての有効成分が、持続可能な昔ながらの方法で収穫された野生植物由来であることを保証する。

環境を尊重するために、自然の生態系を守りながら植物を収穫する。

相乗効果の高いオンラインとオフラインのマルチチャネル販売で、実践的・循環的なアプローチを採用する。

環境に優しいガラスと再生ダンボールのパッケージをデザインする。

感覚的な喜びをもたらす使い心地が、ウェルビーイングを高める。

ブランドと世界的な危機、今後のために覚えておくべきことは?

健康への懸念が高まる中で、アン=ソフィー・ナルディは注視すべき5つのポイントを挙げています。

  1. 連帯感を育むことと本質への回帰
  2. 本能的で迅速な適応
  3. 何千社もの企業の脆弱性、さらには生き残りをかける試練
  4. 未来は現在の行動と共にある。短期的な視点では、より良い未来を描くことはできない
  5. 個人と仕事におけるレジリエンス(回復力)

危機後について:この危機は、不平等と不安定さを拡大しています。新たな連帯を生むために、ブランドのコミットメント(約束・責任を持つこと)がこれまで以上に重要です。

コミュニケーションでは持続可能な支援を

企業の前にコミュニティを第一に考え、常識・透明性・共感・優しさを持ってコミュニケーションを図る。

つながりを維持する:人々を鼓舞し、意欲をかき立てるパーソナリティを採用したインスタライブの実施。

寄付:第一線で働く医師や看護師にケアオイルを提供し、日々の生活の中で切り替えの時間を持ってもらう。

コロナ後のブランドのコミットメント

より責任ある地産地消、自然回帰、本質回帰。

自分自身を大切にすること、地球を大切にすること、そして今は人類を大切にすることも不可欠です。

オン・ザ・ワイルド・サイドの使命は、環境に配慮したアプローチとクリーンな処方で「良い行い」をすること。しかし何よりも、感情や喜び、快適さによって自分自身や他人を「良くする」ことを第一に考えています。「人も自然も一緒に」。