高品質な3D画像や映像を制作するロフトガルテンは、オーストラリアのアーティスト、ポール・ミリンスキーのアートディレクションのもと、「ハイパーリアリティ」の世界を作り出しました。このコラボレーションは、物理的な制約に囚われることなく製品やサービスを展示する、革新的でインパクトのある方法となるでしょう。

The Peninsula(ペニンシュラ)

ポール・ミリンスキーのシグニチャー的作品。人の手によって作られた世界と青々とした木々のシュールな風景。

Work Party(ワークパーティー)

「私の作品は、自然が建築であり、建築がアクセントウォール(*)となる世界への進化を表現しています。木漏れ日が、自然の「ミラーボール」のように輝く世界です。すべての生物が平等で、人間が環境に適応する場所でもあります。」

*アクセントウォール…壁の一部分だけを異なる素材や色にして、空間にアクセントを入れるもの

The Runway(ランウェイ)