不可欠なものと創造性を共に

環境や社会への問題意識が高まる中、未来のファッションはペースを落とし、公正でありながら個性的な製品に回帰することで、成熟度を増しています。次のシーズンを先取りするために、ウィメンズキーアイテム21-22年秋冬ディレクターのアリス・ジェレックが、コレクションのインスピレーションとなる主要なトレンドを読み解きます。

ファッションが今、大きく変わろうとしています。「ファッションキーアイテム21-22年秋冬」の制作には、どのような信念が影響を与え、クリエーションを育んだのでしょうか。

アリス・ジェレック(AG):このシーズンの私たちの信念は、女性が装うことの楽しさを再発見し、女性らしさを多面的で自由に表現できるようにすることです。サスティナビリティは今や新たな標準となりました。そして、価値観から素材、製品の適切性や耐久性までのプロセス全体に組み込まれています。情熱とコミットメントがインスピレーションとなり、過去のアイコン的ルックを参照しながら、クリエイティブな未来のワードローブを生み出しています。

21-22年秋冬のクリエイティビティを打ち出す、女性らしさの表現とは?

AG : 私たちが描く女性像は、自由でパワフルな女性らしさを体現しています。より良い世界を目指して戦う現代の戦士、昼夜を問わずセンシュアルなエネルギーを発する誘惑的な女性、ヴィンテージを揺るがす挑発的なベビードール、あるいは、無限の想像力に突き動かされる現代的でクリエイティブな若い女性。

これからどのようなファッション・アティチュードが台頭し、継続していくのでしょうか?

AG:70’sは主要なトレンドの一つですが、様々な側面がありますから、今後も新たな形で展開していきます。例えばこの秋冬シーズンでは、ナンシー・スパンゲン(セックスピストルズのシド・ヴィシャスの恋人)をインスピレーションに、生意気でノンシャランなルックを提案しています。

飽きのこないタイムレスなこのシーズンのマストアイテムとは?

AG:メンズコートです。このシーズンは、ショルダーを強調したロング丈。美しく上質な素材がクラシックスタイルを高め、アンドロジナスなシルエットを作ります。安心感のある必須アイテムです。よりクリエイティブでフェミニンに展開するには、フィットシェイプや深く開いたネックライン、ビジューボタン、フリンジなどを取り入れます。

不透明な状況の中で、近い将来ファッションを形作っていく強力なトレンドは何でしょう?

AG : 大きな視点から言うと、トレンドが減速し始め、責任ある消費が広まりつつあり、ファッションのシステム自体を再構築する必要があります。ひたすら新しい製品を作り続けるのをやめて、際立つ製品作りに集中すべきです。デザイン性が高く、長持ちする高品質な製品です。長く使えるマストハブアイテムでワードローブを構成して、狂ってしまったファッションのスピードを断ち切らなければ。

21-22年秋冬では、戦士の鎧のようなレザーや、レトロ調のレザーが復活します。存在感のあるラグジュアリーな素材が、心地良くフェミニンなワントーンルックを生み出します。また、歴史上のコスチュームや50年代のテーラリング、アイコン的な70’sヴィンテージの楽しい創造性、挑発的な80’sサンローランへのオマージュなど、過去からのインスピレーションは尽きることがありません。