画像: charlesfreger.com/Cimarron

Portrait(s) ― ポートレート・フェスティバル

2020年7月17日から10月25日までフランス、ヴィシー市で今年8回目を迎える「ポートレート・フェスティバル」が開催されています。このフェスティバルは、多様な文化背景を持つ多才な写真家たちが、日常生活の中で撮影したポートレート写真を通じ、長い歴史を持つポートレート・アートに新たな創造をもたらすことを目的としています。

画像: charlesfreger.com/Cimarron

今回のフェスティバルでは、シャルル・フレジェによる、世界中の仮面や衣装の文化を取り上げたシリーズの第3弾である「シマロン(Cimarron)」が展示されます。壮麗な衣装と仮面によって彩られ、アフリカ、先住民、植民地後の時代の文化を横断するこれらの儀式は、かつての捕虜の亡霊が何世紀にもわたる抑圧から解放された、強烈な瞬間として読み取ることができます。

画像: charlesfreger.com/Cimarron

9月5日からは、さらに10の展覧会が追加で開催されます。リマ・サムマン、エド・アルコック、クリス・スティール=パーキンズ、クラウディーヌ・ドゥーリー、ブルース・ライトン、アーリーン・ゴットフリート、ポール・プヴロー、セバスチャン・カンブリーブ、アレクシス・コルデッセ、ダニエル・レヴィットによるドキュメンタリーから親密なポートレートまで、写真を通した旅へと誘います。

© Danielle Levitt / Série We are experienced, 2006